毛穴が開くワケ!老化と生活習慣の関係とは?

鉄が長年放置しておくと、錆びてしまうように、人間も又、錆びやすくなります。
とはいっても、実際に鉄のように赤茶けて錆びるわけではなく、様々な病気にかかりやすくなるということです。
当然、肌の状態も悪くなり、本来あるべき保湿機能や美容機能が低下する為、肌の状態はまるで砂漠のような状態になってしまいます。
潤いのないカサカサの肌になってしまうと、ひびが割れて、これがしわの原因になるのです。
又、毛穴が開くことによって、皮膚がたるみ、顔全体が歪んだ感じになってきてしまいます。
ではなぜ毛穴が開いてしまうのでしょうか?
過齢が影響していることは勿論ですが、実は遺伝もかなり影響していることをご存じですか?
例えば、両親のうちのどちらかが、毛穴が開いて目立っていると悩んでいる場合、その子供も又、同じように毛穴の開きに悩むことになるのです。
しかし、多くの人が感じているのが、普段の生活においての肌ケアで、洗顔の際にごしごし洗ったり、その後の保湿ケアを怠ると、肌の状態は乾燥し、ますます状態が悪くなりますので、30歳を過ぎた頃から、きちんとしたスキンケアが必要です。
特に洗顔は、ざらざらした角質や皮脂汚れをしっかり落とそうと、力を入れて洗ってしまう人が多いのですが、皮脂は保湿ケアの役割もあるので、全部落としてしまうと、肌が乾燥してしまうわけです。
毛穴の開きは遺伝的な要素と間違ったケアが関係しているので、先ずは原因を知り、しっかりと対処していきましょう!

コメントを残す